育児をどう捉えるかですと

幼児はなぜか身長が平均よりかなり低いです

れる人」のほうが信頼を勝ち得ます。後者には、約束が守れない場合、それを自分の責任として自分の立場を危うくしてでも、相手のために誠意を尽くすという態度があるからですちなみに前者は、「ケツの穴の小さいヤツ」ということになりますね「気概のあるヤツ」に育ってほしければ、をしつけに悪用しないことです電車の中で席を譲って「どうぞ」の快感を知る男の子は人に譲るのも苦手。「どうぞ」がなかなか言えません。独占欲が強いというか、縄張り意識が強いというかと人に譲るのを学ぶのに最適なのは電車の中です。お年寄りが乗ってきたとき、親がさっと自然に「どうぞ」と席を譲り、お年寄りが「ありがとうございます」と笑顔になってくれたら、そのさわやかな感じは子どもにもじんわり伝わると思います。

育ての時期にうまく育っていなかったと考えれば

親があたりまえのようにそうしていれば、子どももあたりまえのようにそうするようになります。お年寄りや妊婦さんが乗ってくると、私は心の中で「よっしゃ!」と思って、席を譲る姿を子どもたちに見せます。子どもたちにかっこいいところを見せる最高の舞台なのです「どうして譲らなきゃいけないの?」ママやパパがお年寄りや妊婦さんに席を譲ったとき、な顔をして聞いてくるかもしれません。頭の回転の速い男の子だと、そのときには、「困っている人のことは『どうぞ』って言って助けてあげなきゃいけないんだよ」などと社会性を説くよりも、『どうぞ』と譲るとなんだかいい気持ちになるよ。今度キミもやってごらん」という自分の感情に焦点を当てて説明するのがコ「人のため」なんて大人でもなかなかできないことを、年端もいかない男の子に求めるのはそもそも無理なのです。

 

子どもは親に従うしかなかったのですね

子どもの心を

なぜ、家庭の「和」が育児に大切か?「不和」が子どものこころに与えるダメージ京阪電車の三条駅地下ホームに大きな広告があって、こう書かれていました「素直なこころ」「愛するこころ」「感謝のこころ」を大切にしましょう。とあり、広告主の靴屋さんの社名は、片すみに小さく書かれていました。きっとこの社主は何かきちんとした考えを持って、人生を過ごしておられるに違いないと思うと、何だかうれしくなって、通勤で乗り継ぐたびに、その広告を読んでいました。この三つのこころを大切にすれば、人生は楽しいはずです。それはだれしもわかっていることですが、今日の時代は、この三つのこころを、押し潰す方向に動いている面もあるように思えます。

幼児のけんかに親が出るなーとは何か、自然の歯車が欠けてしまっているのでしょうか。この三つのこころは、子どもが育つ時に、家庭の和を通して、頭に焼きつけられるものです。育ちがよいと言われる人とは、これらのこころを自然に身につけた人のことでしょう。これは、単なる口先のしつけや道徳教育で覚えられることではありません。ゼロ歳の時によく抱いて育てられ、をすでにかなり兼ねそなえています。でもその本人たちにとっては、しかも家庭の和に恵まれた子どもは、幼児の頃から、この三つのこころそのような家族が小児外来を訪れると、私はつい賞讚を送ってしまい当たり前のことのようです家庭の和が大切だ、と言うのは易しいことですが、実際に和をつくるのは大変むずかしいことだと思いますそれは家庭をつくる人々が、両親だけでなく祖母や祖父も皆、素直なこころ、愛するこころ、感謝のこころを本心から持っていなければならないからです。
児童が知らない言葉を頭の中でいちいち簡単な言葉に変換しなくてはならないからです
児童が知らない言葉を頭の中でいちいち簡単な言葉に変換しなくてはならないからです

子育てをどう捉えていますか?

幼児といっしょに遊ぶことの大切さ赤ちゃんと寝るメリットは親にも有ります。夜中にミルクを与える時やおしめを変える時でも、枕元に予め準備しておけば時間が短縮できます。時間の短縮はそのまま寝不足の解消になります。因みに、私の子育て当時の寝る時の準備は、沸かしたお湯に水を入れて、人肌より少し高めの温度にして、魔法瓶に入れ替えます。そして粉ミルクを入れた哺乳瓶と、ゴミ箱とウェットティッシュと紙おむつを枕元に置いて寝ます。

企業内で人を育てる事が

寝ている最中に赤ちゃんにミルクで起こされても、お湯を入れて飲ませるだけです。寝惚けていても、ミルクを欲しがる時間に適温になるよう、少し高めの温度にしているだけですので、赤ちゃんが火傷する心配もありません。赤ちゃんがミルクを飲み終え、ゲップを出させたら、ゲップを出させた体勢のまま布団に入って寝るだけです。赤ちゃんに起こされて再び寝付くまでおよそ7~8分程度でした。基本的に母親が起きている時は母乳、夜中は粉ミルクにして、夜の授乳やおしめの取替えはもっぱら私の仕事で、その為かどうかは分かりませんが、夜鳴きは一度も無く育ちました。役割を分担していました。きちっまかせておくその結果子どもは