幼児を叩き

幼児を遊ばせておくのはもったいないので

ただし、5才を過ぎても変わらず人見知りが激しいようであれば、知らない人に会う経験が少なかったのかもしれません。めったに会わないけれどお母さんがよく知っている、気のおけない人に会わせるといいですね。そこからいろいろな人と接する機会をもつよう心がけましょう。親戚やお母さんの旧友など、子育ての問題が起こったとき、家庭のなかだけでは解決できないことがたくさんあります。子どもの心の成長のためにも、親子で積極的に外へ出て、周囲の人とかかわったり力を借りたりすることが、子育てにはとても大切です。

幼児の遊びは生活であり

怒りっぽくすぐにかんしゃくを起こします気に入らないことやうまくできないことがあるなど、自分の思いどおりにならないとすぐにかんしゃくを起こし、さすがに疲れます。ほうっておいてはいけないの?泣きさけんだりあばれたりします。いつもなんとかきげんをとっていますが、こんなことが毎日何度もあると、(6才·男の子)気持ちをクールダウンできるようなパーソナルスペースを作ってあげて特に5才から2年生くらいの時期は、やるべきことがわかっているのにうまくできず、混乱してイラつきやすい時期。私はこの時期を子どもでも、日々の生活のなかでイライラしたり頭にきたりすることはあるはずです。反抗期と呼んでいます。感情を爆発させてしまうタイプの子には、気持ちを落ち着かせるための場所と時間を作ってあげましょう。

 

子どもと一日一緒にいても刺激を与えることは難しい

子どもは変わっていきます

なぜか?態度、しサイズになるからです。なんでもないことで謝られるたび「ら、大人をあやまらせえらいでしょ、と勘違いします。どこまでも木に登る性分ですから。謝るとすっきり顔になりますが、チャンスを逃すことにもなります。それは「経験から学ぶチャンス」です。謝られたら人のせいにできます。

コミュニケーションてますと疑問に思います「そうだよ、お母さんが急がせたからむせたんだ」と。自分はひとつも悪くない、悪いのはいつでも自分以外責任転嫁の始まり始まりです。考え方はクセです。いったん身につくとなかなか直りません。しそうでしょう^寝坊して「なんで起こしてくれなかったのよ!」と食ってかかる子。忘れ物して言ってくれたらよかったのに!」とぷんすかする子。
子どもがとっても大切なことを学ぶということムシさんたちには申し訳ないのですが
子どもがとっても大切なことを学ぶということムシさんたちには申し訳ないのですが

子どもになるでしょうしかし

教育に活用しないのはしかし、自分がバスマットの上に乗って押そうとする為、ショッピングカートは動きません。ショッピングカートが思うように動かせないと、欲求不満のしぐさを見せたりします。生後16ヵ月の子供に同じショッピングカートを押させると、原因を調べようとバスマットの上から降りて原因を調べようとします。しかし、バスマットが原因である所までは気付くのですが、バスマットに乗っている自分が原因である事までは気付きません。この頃の子供はまだ、空間の中に於ける自分の存在を認識していないのです。

子供には理解不能

同じ実験を生後18カ月の子供に行うと、直ぐに自分が原因であることに気付き、バスマットから降りて押したり、バスマットを畳んで押したりするようになります。それは、空間の中の自分の存在を認識していると言う事です。この「空間の中の自分の存在の認識」も生後18ヶ月で、自分が動き回れる様にならないと、この認識は生まれないのです。裏を返して言えば、自分が動き回る事で、空間の中の自分の存在を認識して行くのです。こんな実験もあります。子供に人間サイズの玩具で遊ばせた後に、全てミニチュアサイズの玩具に取り替えてしまったら、子供達はスケールの違いを自分とどう関連付けるのでしょう?二歳半の子供に、最初自分が乗れる車、滑れる滑り台、座れる椅子などの玩具が沢山ある部屋で遊ばせます。幼児の活動を区切るようにします