幼児であると考脅すわけではありませんが

子どもは成功感を十分に味わうことができ

幼児は言われなくてもひどい場合は、不安と緊張と自己喪失感が苦しくて自殺してしまうこともあります。きわめてまれなことですが、子どもを殺してしまうこともあり得るのです。赤ちゃんの泣き声を聞くだけで、耳をふさいでパニック発作をきたすこともあります。赤ちゃんを置いたまま、無意識に産科医院から飛び出して放浪していた、というマタニティーブルーの母親の相談を受けたこともありました。赤ちゃんを母親が抱いたり、母乳を与えたりすると、不安感がつのってパク発作を起こすことがあります。

育児に自信が持てない楽しく

そうしっかんおむつをかえるのに11時間もかかったり、何もする気が起こらないので、部屋は散らかしっぱなしのことがあります。そんな気分でいる時には当然のことですが、これから赤ちゃんをどうやって自分で育てたらよいのか途方にくれて、不安感が追加されます。自分が自分でないような、あるいは、自分がつかめないようか感じがして、ぼーっとしていることもあります。自信を喪失して、何をするのも重っ苦しくて、不安で、やる気がしないのです。本来は怠け者ではないのに、はたから見ていると怠けているように見えてしまいます。教育はできないと考えるのは前世紀の旧思想である

しつけるが日本ではそのようなことは滅多に見ない

四、五歳の子どもになりますと、列車の通路をかけ回ってきゃあきゃあ言い、他のお客さんにしかめっ面をさせている子どもがいます。しかし、母親も父親も何にも言わないばかりか、自分たちは、ぐうぐう寝ているということさえもあります。欧米ならば、必ずといってもよいくらい、子どもにも「静かにしなさい」と注意するでしょう。両親に警告する人が出てくるでしょう。ところがわが国では、子どものすることだから、何とも致し方ないといったあきらめムードです。

子どもの心になり切る努力が必要です

幼児は自分の欲求を表現しなくなります
母親は通路側の肘かけに肘をつい子どもには切符がないの座席の占領はお手のものです。先日も四、て居眠りを装に、一人前の座席を与えています。しかも、ハンドバッグをどけようともしないのです。五歳の子どもを窓側に座らせ、二人の間にはハンドバッグがおいてあるという光景に接しました。次第に混んできて、立っている人が多くなったにもかかわらず、全く他人に対する思いやりのない母親です。
それによって子供は

幼児が積極的に参加するようになると

家に着いたら食事の支度、お風呂を沸かこれらの事がスムーズに運ぶわけありません。子どもが何かをこぼしたり、遊んでいる途中で怪我をしたり、熱を出したり、調子が悪くなったり·そんなイレギュラーな事態やトラブルが待ったなしで起きてきます1日、実際にやって頂くと良くわかりますが、ありとあらゆる事が毎日起こって、本当に自分の時間なんてごくわずかしかないんです。日本全体の経済環境が悪化していますので、働かざるを得ないお母さん達も多く、母さんの忙しさはさらに拍車がかかっているんです「そんな毎日を過ごしているお母さんを、簡単に指摘したり、注意、否定したり、苦言を言えば当然···反感を与えるだけになってしまうんです。「そんな事言うのなら、自分でやってみなさいよ」「私だって毎日頑張っているんだから···」それが、私たちに直接返ってくるのならまだしも、その言葉をグッと飲み込んで我慢してしまう方の場合、その怒りや認めても从ないという苦しさが、子どもに向かってしまう、という事もあるのです。もし、そうなってしまったとしたらそれって「男性が子育てに参画している「子どもたちの成長に寄与している」とは言えませんよね。だから、お母さんの日常を実際にやってみて理解してほしいんです。

教育が可能になる

子どもが最も解放されるとき-といってもよいでしょう
そして、奥さまを「認め」「褒め」「包んで」あげて、まずは奥さまが気持ちよく子育てができる環境づくりに頑張ってほしいな、と思うのですね。た28-aでもいいaねぎらいと盛壯奥さまが気持ちよく子育てができる環境づくり。と私があえて言ったのは沢山の事をしようとしなくても、「よ~し、自分も子育てに力を入れよう」とお考えになられたのならば、一番先に出来る事はそこである、と思うからです。(女性が育児をし、男性が働くという一般的な場合)男性の本分は、「経済的な収入の確保」女性は子どもを生み、育てるように体が作られています。そして、男性は丈夫で強く作られています。