幼児が何もせず一見ぼーっとしているときでも

育ては成功と申し上げましたでも

幼児のありのままを受け入れこどもがかわいかったら、心を鬼にしてでも、ある。甘やかしは禁物。わざわざ意欲をよわめすこし不自由にすべきで教育とは、すこし残酷をこと、かわいそうなことを、あえてしないといけないらしい。腹をすかせてはかわいそうだというので、食べたいと思う前からごちそうを鼻さきにつきつけるのを親の愛情と勘違いしている母親ではこの上なく非教育的であることになる。さんの家庭で大騒ぎがおこった。幼稚園へ通っているQくんが突然、問題児になってしまったのである。それまでは申し分のなだったのに、急に調子がおかしくなった。

子どものおもちゃやお小遣いはどうする?

先生の言うことをまるできかない。てみてもいいところがない友だちにつっかかって行く。オシッコをもらす。幼稚園がお母さんにおいでくださいと連絡したら、お母さんは忙しくて行かれない。お父さんが出て行った。Qくんは先生に言った。お母さんを呼んでください。お父さんではタメだ。それで幼稚園では、お母さんに問題があるのだということをさとった。幼児と楽しく遊ぶことはできないでしょう

目を離すことのできない子どもです

子:この前、砂場に水をたくさん入れたら、山だけが残ったよ。それと同じだね!僕らが今いる陸地と変わらないんだよ。ってできるの?父:この前、島について説明したけど、こんどは山ができる理由だね。山には2つの種類があるんだ。1つが、噴火から出来た山。地面がぼーんって大爆発して、中から赤くてドロドロしたマグマがどんどん出てくる、子:大噴火はマンガでよく見るよ。父:やがて噴火はおさまって、吹き出したマグマが冷えて固まってくる。

児童とどんなコミュニケーションをとるとよいかを一番知っているのは

絵本の読み聞かせは幼児の
ずーっと長い時間がたつと、こんどはそこに花や木が生えてきて動物たちが住むようになる。これが山なんだね。子:あんなドロドロのやつに花や木が生えるようになるなんてすごいや!父:もう1つは、地面が自然の力で盛り上がってできた山。ちょっと前に、地震が起きる仕組みを説明したね。子:下敷きを使った実験だね。父:そう、1枚の下敷きがもう1枚の下敷きを押し込んで、がまんできなくなって弾けて地震になるんだったね。でも、片一方がどこまでもがまんしたら、もう1枚の下敷きはどうなる?子:ポコンって曲がるよ。
育児をどのように捉え

子どもには適切な判断力などありませんでも

そのような人は相手のお母さんが子どもの教育をどのようにしているか「気になって」仕方がないのです。近所のお母さんが子どもにバイオリンを習わせ始めると、それが気になって、ではうちの子も!といった具合に、右へならをしてしまいます。自分なりの考え方をしようと努力しないのです。一事が万事で、そのようなお母さんは、なって仕方がないのです。そして、ほかのお母さんがどのような学校に入れようとしているか、「うちの子どもは、小学校に入れようと思うのですが、と私に質問をします。

子どもの何が何でも意志を押し通す力を

子どもであり
「どういう理由からですか?どうでしよう?」自発性の発達には自己課題の発見が何よりも大切です。見つけて、誰にも頼らないで実行することです。自分でしたいことをはっきりとと聞き返しますと「よい学校だと聞いたからです」と答えます。「どのような点でよいのですかと重ねて聞き返しますと「近所の奥さんがそう言っていたからです」という答え。「どの点をよいとおっしゃっていたのですか?と聞いてみますとと返事につまってしまいます。