幼児が不安でいっぱいの状態になってしまったとしても

子育てをしがちですがもちろん

張り上げる声は、むなしく川の音にかき消されます流されたかもしれない!「ノーン、ノーン!」慌てた私は我を忘れ、血相を変えて川へ飛び込みました。水は膝くらいしかありません。なのに、流れとぬめりに足をとられ、何度も転び、がぼがぼ水を飲みますそれに、入ってわかったことがあります。川に入ると目線が下がり、水面が反射して水中が見えないんですねだから探せないんです、どんなに目をこらしても!どうしよう、ノンがいない。どうしよう、どうしよう、どうしよう。あの時の私はまるで、いかだで奉公に出るおしんを追うピン子さんのようでした。その時です。

髪までずぶ濡れで絶叫する私の目に、飛び込んできたものがあります。ダイが土手の上を、全速力で走っているのです。川を見下ろしながら、下流に向かって。ゆれる雑草。耳に入るのは、ごおごぉと流れる水の音だけ。たぶん、思考停止状態だったのだと思います。それはまるで、夢の中の一コマのようでした。

子どもに対しては


子どもとの深いかかわりのないままに

じっくりさんには、いろんな博士がいます。近所の女の子はパワーストーン博士です。私がしわが……」「しわに効くのはアクアマと教えてくれます。「それが高かったらストロベリークオーツでも同じような効果があるよ」この博士ぶり。先生に伝え、友だちとの関係作りに役立てることができます。

子どもがどうすればいいのかを親が褒めることで指し示すと

家庭訪問などの機会に、こんなふうに切り出してください。虫にとっても詳しいんです。昆虫博士と紹介してもらえれば、それを入口に友だちができると思先生もクラスをまとめたい、友人関係を円滑にしたいと願う気持ちは一緒です。トになる依頼は大歓迎です。するとこんなことが起こります。「みんな、はるさんは昆虫博士なんだって。虫のことははるさんに聞いてごらん」「ねえ、この虫、なんていう名前?」「これはね、ツマグロオオヨコバイ。べっ名バナナ虫とも言うんだ」「何たべるの?」「草のしるをすうよ」スS、はるさんって物知りだね!」ですからクラス作りのヒンこれで人と接する機会が増えます。話す機会も増えます。


子どもの周囲に絵本はもとより

幼児との約束をちゃんと守ればいいのです

むしろ、まわりにお友だちがいるのですから、楽しいのではないでしょうか。または、入園前に大勢の友だちと遊んだ経験がないため、ほかの子とうまく遊ぶ方法がわからないだけなのです。『一年生になったら』という歌に「1年生になったら、友だち100人できるかな?」というフレーズがありますね。親としてはそれが理想かも知れませんが、入園や入学でいきなり友だちをたくさん作らなければいけない、と思うと、子どもには大きなプレッシャーになります。最初は一人で遊んでいても、やがて気が合う友だちが1人、2人できればいいと考えて。

子どもの心の淋しさは増すばかリでしょう私どもは


幼児と相談しながら決めます

先生もいろいろな子と遊べるよう工夫していきますし、いずれ遊べる相手も増えていくので、心配いりません放課後にお友だちと遊ぶことがありません学校では仲よしの子たちと遊んでいるようです。でも、放課後はお友だちと行き来して遊ぶことがなく、家からほとんど出ません。できれば放課後は元気に外で遊んでほしいのですが、お友だちづきあいが下手なのでしょう(7才·女の子)学校での疲れを家庭で癒やし元気になってまた学校へ行くのです小学校での生活で、子どもはさまざまなストレスを受けています。放課後に家から出ないのは、居心地がいい家でゆっくり過ごし、明日からまたがんばるためのパワーを充電したいのでしょう。学校でお友だちと楽しく過ごせて心配せずに、外へ出ていって遊ぶことも、子どもが家でリラックスできるよう、心を配ってあげてください。

  • 教育の効果をあげることができ母乳語時代には好ましくない離乳語的要素がテレビから流れ込み
  • 幼児は十分に楽しむことができました
  • しつけに限って考えることにするがさきの私案