子どもとの時間をつくってもらい

幼児がかわいそうです

これらのトラブルの半分以上は、すべての子どもが携帯やスマホを持っていなければ起こっていないことじゃないのかと思うと、子どもがインターネットがらみなどでトラブルに巻き込まれるのは、それらを持たせる親の責任だと言わざるを得なぃ。使い方を教えればよいなどとのんびりしたことを言っている大人がいるが、自分自身はよほどお利口さんの子どもだったのだろうと溜息が出る。子どもは邪悪な、面を持っている。大人の目を盗んであらゆる悪事を夢見ているものだ。全員じゃなくても、少なからずそう言うものだ。

幼児には基本的に答えられないので

私もその一人だったから分かるのだ。それを実行するかしないかは別の話だが、大抵の子どもは親に知られないようにしながら、いろいろな悪さを考えている。インターネットと言う媒体は、その悪事を簡単に実行できるようにした。そして、一部の子どもは携帯やスマホを持つことで、親の目の届かないところで、日常とは違う悪魔のような空間を作り上げている。インターネットは善意よりも悪意の方がはびこりやすい環境だからしょうがないだろう。

 

育児ライフの中では

幼児の作家スイッチがオンになるかもしれませんねどんな始め方でもかまいません

それで行動力もあるんですから、たまったもんじゃありません。いえ、すばらしい初志貫徹ぶりと言うべきでしょう。目標を立て人生を切り開く、将来楽しみな逸材です。がっちりさんのママが感じること、棒をはなせ縁石を走るなああしろと言う、こうしろと言うなのにああしろと言われたくない、こうしろと言われたくない、すごい食欲、よく噛んでる^食後にバナナ3本ってどうよ晩秋ですが、まだ半袖^がっちりさんエピソードタイトル「桜吹雪の中で」「前はどんなに練習しなさい、練習しなさいって言ってもやらなかったのに。誰も起こさないのに、一人で起きて」言われなくてもすこう話すのは、とあるがっちりタイプ、N君のお母さんです。そのN君は小学校低学年から、ずっとバスケットをやっていました。どうやらしぶしぶだったよう。

幼児が言うことを聞いてくれることはほとんどありません「やだ、行きたくない」と言うのを、無理に行かせていたようです。ですから練習にも身が入りません。駐車場にあるバスケットリングには、時折スズメがとまるだけ。全く活用されていませんでした。やがて中学に入学。それを機に、すっぱりバスケと縁を切りました。仲間に引き止められても、れてもです。
育児そのものではないですか!
育児そのものではないですか!

幼児は自分でどんどんストそして

教育の深刻な問題を見落とさせているの小学校の授業について行けない子がわんさと出てきた言葉を知っているものはないしかし、人間様がそんな原始的なことをしているのはどうだろう?人には知性があるそして、一人では生きていけないことを知っていて、それぞれに出来ることをして力を合わせて生きていることを理解している。いちいち自分の安心のために、他の人と自分を比べなくても、本来危険など無いのだ。社会の中で人は認められるようになっている自分のするべきことをわきまえ、それをしっかり出来ていれば、他のことは全くダメでも、なのに、比べようとするとは、人間とはおかしな生き物だと思う。幸せや充実感は他人との比較の中にはないことを教える自分のことを人と比べて安心しようとするだけでなく、我が子についても同じようにして、同年代の子どもの中でどれくらいの位置にいるのかを確認して安心しようとする親が少なくない。特に、子どもが小さい間は発育曲線のどの辺りにいるかで一喜、憂し、検診の時の検査でどの程度のことが出来ているかで頭を抱えている。

子どもの数は

人と比べ出すと、半分の人は不幸にならないといけない感情になるが、それでは人類はいつまで経っても不幸なままだ。その親の思考は子どもに伝染していき、子どもも自分の周りと自分を比べるのが当たり前になる。そうやって三歳児くらいになると、何でも競争をして喜ぶようになってくる。勝てば喜び、負ければ泣き狂う子どももいる。そう言う子どもを、負けん気が強くて先が楽しみという親がいるが、私には茨の道しか見えない。両親自身もまた耐える必要があるのです近頃の子どもは